MENU




平成29年度 東リ いたみホール 自主事業

FINAL LEGEND Ⅵ
-THE CHOREOGRAPHY HALL OF FAME Tour- 関西公演

終了いたしました

2018年3月31日(土)-4月1日(日)
 3月31日(土) 夜の部/開演18時00分(開場17時30分)
 4月 1日(日)  昼の部/開演11時30分(開場11時00分)
         夜の部/開演16時30分(開場16時00分)

会場:大ホール
【出演】
芸術監督:avecoo
MC:近藤夏子/Chigusa
作品出展コレオグラファー
avecoo[東京]
SHOJIN[東京]
kaorin(MemorableMoment)
akane
IPPEI(choreOringz)
EMI(OUTSET)
HASSAN(Jacuzzi)
AKKY(TAAA!!)
明石ブレイカーズ
ZAZA
ENstarry ENvitation
MUKABI(At●mu!!)
RANDY MORISHITA[東京]
MASAKO(Jacuzzi)
K-KO
ゲスト・パフォーマー
BMX競技選手(YORK UNO & 伊藤真人)
ラテンダンス競技選手(鳴海悠介&鳴海貴子)
(『FINAL LEGEND』公演HP はこちら)


■チケット
【前売】
プレミア席 8,300円(オフィシャルグッズ付き)
S席 6,800円
A席 5,300円
(税込)[全席指定]
<当日各500円増>
LinkIcon客席図
※就学前のお子様のご入場はご遠慮ください。


ダンス・エンタメ作品の〝殿堂〟、最高峰のワクワクが関西に!
最高峰のストリートダンス舞台作品コンテスト『Legend Tokyo』。
その歴代受賞作 &話題作が一挙再演される
ダンス・エンタメ公演『FINAL LEGEND』が、2年ぶりに関西で開幕!

公演芸術監督をつとめるのは、
鮮烈なる作風で『Legend Tokyo』2014 年度・準優勝、
そして2017年度みごと優勝に輝いた鬼才オカマ・コレオグラファー、avecoo!
作品再演のために集った総勢460 名近くの関西ダンサーたちの高いスキル、
そしてavecoo ならではの圧倒的演出力が融合し、
まさにダンスの未体験のワクワクをお届けします!





■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市、FINAL LEGEND公演事務局

▲ ページトップへ

相川七瀬 LIVE 2018
「The Rock Goes On」



終了いたしました

2018年3月17日(土)
開演17時00分(開場16時30分) 
会場:大ホール
(相川七瀬OFFICIAL HOMEPAGEはこちら)



■チケット
前売5,500円
当日6,000円
(税込)[全席指定]
LinkIcon客席図
※3歳以上有料。



1995年に織田哲郎プロデュースにより、鮮烈な存在感でデビュー。
数々のヒット曲を歌い上げてきた相川七瀬の伊丹公演が決定!
約3年半ぶりとなるオリジナルアルバム『NOW OR NEVER』は、織田哲郎をはじめ、TETSUYA(L’Arc-en-Ciel)や盟友アーティスト達による多数の楽曲提供をうけて制作し、リリース。
「夢見る少女じゃいられない」「恋心」「Sweet Emotion」などの代表曲から、最新アルバムの楽曲まで、新旧のヒット曲を織り交ぜて綴る一夜をぜひお楽しみください。





■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■企画制作:ジェイブレイブ/リトルオアシス
■企画協力:MSエンタテインメント・プランニング



▲ ページトップへ

桂米朝一門 いたみ寄席 ~座敷で楽しむ、生落語~


終了いたしました

2018年3月15日(木曜日)
開演18時30分(開場18時00分)
会場: 大和室(4階)
出演: 桂 米輔、桂 宗助、桂 米紫、桂 鯛蔵、桂 團治郎
(米朝事務所ホームページはこちら) 


■チケット
前売1,800円 (当日2,000円)
(税込) [全席自由]
※イス席あり
※定員100名(先着順)

熱気あふれる和室を会場に、間近で落語の醍醐味を味わえる公演です。 若手からベテランまで、桂米朝一門ならではの個性あふれる出演者の競演を、どうぞお楽しみに!



出演順

桂 團治郎
桂 鯛蔵
桂 宗助
 -中入-
桂 米紫
桂 米輔

■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■制作協力:株式会社米朝事務所

▲ ページトップへ

ワンコインコンサートシリーズ vol.4
邦楽あんさんぶるグループ ふぁるべ ワンコインコンサート


終了いたしました

2018年3月2日(金)
開演14時00分(開場13時30分)
会場:6階中ホール
【出演】邦楽あんさんぶるグループ ふぁるべ
    <箏・三絃・十七絃>菊武 厚詞、菊妙友 人美、菊春友 莉絵、勝井 粧子
    <尺八>谷 保範

■チケット
500円 (税込)[全席自由]
※定員180名(先着順)
※3歳以上の方から入場していただけます。5歳以上の方は有料、5歳未満のお子様は保護者1名につき膝上1名での鑑賞の場合無料です。ただしお席が必要な場合はチケットが必要です。

ドイツ語で“色”を意味する「ふぁるべ」。
その名前のとおり、筝、尺八などの和楽器が色とりどりの音色を奏でます。
日本人の心に響く音楽を、ワンコインでお楽しみください。


予定曲目

彩花物語
石橋
琉球民謡による組曲
春の海
ジブリメドレー
玉繭彩夢 ~cocoon~
※曲目は都合により変更になる場合がございます。



プロフィール

邦楽あんさんぶるグループ ふぁるべ

“ふぁるべ” とはドイツ語で“色”という意味
真っ白なキャンバスに彩り豊かな絵を描くように、音楽にも深い感性を求めつつ、心のこもった感性豊かな音楽を表現出来れば・・・と命名。

当道友楽会三代目家元である菊武厚詞を代表とする、日本の伝統楽器、箏・三味線・尺八の演奏集団で、母体である当道友楽会の選抜メンバーで構成され、日本の伝統音楽、伝統楽器の伝承と演奏活動を意欲的に取り組んでいる邦楽演奏家グループである。

1996年第2回大阪国際室内楽コンクールフェスタ部門本選出場をきっかけに結成、年間様々な舞台演奏をはじめ、テレビ出演やサロンコンサート、また各国での海外演奏、各種イベントや学校へのレクチャーコンサート等、年間数多くの演奏活動を行う。

又、これまでに2枚のCDアルバムをリリースし、日本の伝統楽器、和楽器アンサンブルの魅力をより多くの方々にと、邦楽のコンサートでは類を見ない斬新なステージで、音色と共に目でも楽しめるステージ作りをコンセプトに隔年で主催コンサートを開催。
Die Farbeとして、2010年に上海公演、2011年に台湾公演、2012年にハワイホノルル公演を催す。


URL  邦楽あんさんぶるグループ ふぁるべHomepageはこちら(外部サイト)



■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市


▲ ページトップへ

田尻洋一トーク&ピアノコンサートシリーズ in 伊丹 vol.76
哀しみのモーツァルト
~アンサンブルグランツとともに~


終了いたしました

2018年2月25日(日)開演14時00分(開場13時30分)
伊丹アイフォニックホール(伊丹市立音楽ホール)
【出演】田尻洋一(ピアノ)(田尻洋一オフィシャルウェブサイトはこちら)
     アンサンブルグランツ
     (Vl)小倉浩晃、木村修子、中野裕子、時本さなえ
     (Va)野村初葉、田中洋子
     (Vc)宮田 侑
     (Cb)小倉充子
     (Ob)橋爪恵梨香


■チケット
一般:3,000円
学生(小学生以上):2,500円
シルバー(60歳以上):2,500円
子ども(4歳以上):1,500円
(税込)[全席自由]→LinkIcon客席図



作曲家の人生観や楽曲のエピソードなどのお話を交えての田尻洋一の人気トーク&ピアノコンサートシリーズ。
今回は、神童・モーツァルトプログラムを特集し、小編成オーケストラ、アンサンブルグランツと共演。
泣いているモーツァルト

涙に溢れたモーツァルト

短い人生を駆け抜けたモーツァルト…

有名な短調のピアノ協奏曲を一挙にお届けいたします。


プログラム

<オール・モーツァルト・プログラム>
幻想曲ハ短調 kv396 (ピアノソロ)
ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調
ピアノ協奏曲 第24番 ハ短調
※曲目は都合により変更させていただく場合があります。


プロフィール

田尻洋一(ピアノ) YOICHI TAJIRI
コンサートピアニスト。桐朋学園大卒後、渡欧して天才イディル・ビレット女史の唯一の弟子として研鑽。96年より古典、ロマン派主要作曲家のピアノ作品全曲演奏という世界でも類を見ない偉業を敢行。これまでにベートーヴェン32ソナタ全曲演奏会を4度、モーツァルト・シューベルトピアノソナタ全曲、及びシューマン・ブラームスピアノ作品全曲演奏会は2度開催。12年には独自編曲によるベートーヴェン9交響曲全曲演奏を完遂。
日本各地でのリサイタルはおよそ1000回を超え、10年より毎年欧州にてリサイタル公演も継続中。スタインウェイハンブルグ本社よりスタインウェイ・アーティストの称号を授与されている。
URL http://www.eonet.ne.jp/~y-tajiri/



アンサンブルグランツ
関西を中心にソロや室内楽で活躍するメンバーで結成され、グランツ(輝き)と命名。田尻洋一氏との共演も数多く、真摯で表現力豊かなアンサンブルが特徴。




■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会



▲ ページトップへ

遊ぼう!こどもデジタルアート広場

DOING! DOING! 2018 ~東リ いたみホール 市民企画公募事業~


終了いたしました

2018年2月18日(日) 13時00分~16時00分

会場:3F 大会議室(無料体験コーナー)
      プレイルーム(有料ワークショップ)


あなたもデジタルアートに触れてみませんか!?



無料体験コーナー 対象:3歳以上

●体全体で演奏♪エアードラム
●触って演奏!?野菜ピアノ
●小さなコンピューター IchigoJamゲームセンター など


有料ワークショップ

45分×3回の入替制 
①13:00~13:45
②14:00~14:45
③15:00~15:45
(空きがあれば当日参加可能)

初めての電子工作 ~キラキラ光るペンダント~

UVレジンを使ってペンダントを作り、LEDを付けて光らせます。組立済みのLED基盤を使う簡単な電子工作です。作成したペンダントはお持ち帰り頂けます。
対象:小学生以上高校生以下(3年生以下は保護者同伴)
所要時間:約45分
定員:各回5名(要予約)
参加費:1,000円(材料費込)
※レジンとUVライトを使用するため、アレルギーが心配な方はご遠慮ください。


初めてのプログラミング~ロボットサッカー~

子ども向けプログラミングソフト「Scratch」を用いて、車型ロボットを動かすプログラミングをしてみよう。プログラミングが完成したらサッカーバトル!
※ロボットの持ち帰りはできません
対象:小学生以上高校生以下
所要時間:約45分
定員:各回3名(要予約)
参加費:1,000円



■主催:KidsPG
■共催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市


▲ ページトップへ

まるで同窓会みたい!

懐かしのフォーク&ポップス コンサート
Going Back To 1960-70

DOING! DOING! 2018 ~東リ いたみホール 市民企画公募事業~

終了いたしました

2018年2月18日(日) 開演15時00分(開場14時30分)
会場:B1F 多目的ホール

フォークデュオ2組と歌謡ショーのトリオが、1960~70年代のフォークソングやポップス、歌謡曲を歌います。


入場無料

※整理券はございません。当日直接会場へお越しください。
定員:100名(全席自由、先着順)


出演者

Anokoro

「みんなで歌おう」をモットーに、誰もが口ずさめる懐かしいフォーク、スタンダード曲を男女デュオが歌います。
【演奏予定曲】
戦争は知らない
空よ
今はもう誰も
雪が降る日に
フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン ほか

ひょっこリーナ

NHKのど自慢出演がきっかけで結成した昭和歌謡グループですが、朝ドラ、子供向け、健康体操まで幅広いメニューが売り物です。当日はどんな衣装でどんな曲が出てくるのでしょうか?

フィーリン・グルービー

1970年前後の懐かしいフォークソングやポップスをデュオ+αで歌います。
【演奏予定曲】
ザ・ボクサー
カントリーロード
ノルウェイの森
風に吹かれて
デイドリーム・ビリーバ ほか

※曲目は変更することがございますので、予めご了承ください。



■主催:Anokoro
■共催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市



▲ ページトップへ

0歳から楽しめるクラシックコンサート!

親子で行くピアノ世界旅行コンサート

DOING! DOING! 2018 ~東リ いたみホール 市民企画公募事業~

終了いたしました

2018年2月18日(日)開演10時30分(開場10時00分)
会場:B1F 多目的ホール
【出演】
ピアノ:森本美帆、福田真梨奈

■チケット
大人1,000円/子ども(4歳以上)500円
(税込)[全席自由]
※定員150名(先着順)

音楽で世界の色んな国を旅してみましょう。皆様よくご存知の曲を沢山、演奏します。小さな頃から素敵な音楽にいっぱい触れて「感じる心」を育てましょう。



予定曲目




~ソロ~
スカルラッティ ソナタ ハ長調
ショパン 仔犬のワルツ
シューマン パピヨン
シューマン=リスト ミルテの花より 献呈
バルトーク 3つのチーク地方の民謡
ムソルグスキー 展覧会の絵より抜粋
~連弾~
中田喜直 汽車は走るよ
ピアソラ リベルタンゴ
サン=サーンス 動物の謝肉祭
※曲目が変更になる場合がございます。ご了承ください。



■主催:吉澤真理
■共催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:株式会社河合楽器製作所 カワイ梅田


▲ ページトップへ

村重交流カフェ「荒木村重」対談
天理大学准教授・天野忠幸さんと荒木村重子孫・荒木幹雄さんによるトーク会

DOING! DOING! 2018 ~東リ いたみホール 市民企画公募事業~

終了いたしました

2018年2月17日(土曜日)
第1部 「信長の重臣に成り上がる」:10時00分
第2部 「信長から離反し挙兵する」:14時00分
(受付各20分前)
会場:3階 大会議室
●対談は各2時間程度(終了後サイン会予定)
【出演】
天野 忠幸 氏(天理大学文学部歴史文化学科准教授、『荒木村重』著者)
荒木 幹雄 氏(荒木村重子孫、皮膚科医、全国の村重子孫やゆかりの地を巡り研究)



■入場料
各回500円(村重コーヒー付)
(税込)[全席自由] 
※定員各50名(要申込・先着順)



伊丹のみなさまが知っているようでよく知らない有岡城主・荒木村重。

その村重について天野忠幸著『荒木村重』をベースにお二人に自由に語っていただきます。

村重コーヒーを片手にここ伊丹での400年前の歴史世界をどうぞお楽しみください!


●対談後天野忠幸さんのサイン会を予定しています。
●天野忠幸著『荒木村重』はJR伊丹駅観光物産ギャラリーで販売中。当日会場でも販売します。



■主催:荒木村重研究会、有岡小学校区まちづくり協議会ありまち事務局
■共催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市

▲ ページトップへ

クラシックギター奏者6名によるアンサンブル

夙川ギターアンサンブル クラシックギターコンサート

DOING! DOING! 2018 ~東リ いたみホール 市民企画公募事業~

終了いたしました

2018年2月17日(土) 開演15時00分(開場14時30分)
会場:B1F 多目的ホール
【出演】
夙川ギターアンサンブル
増井一友(指揮) / 渡邊信行 - 山中由美子 - 山中美智 - 髙井康文 - 三浦雄大 - 古橋充吉


■チケット
500円 (税込)[全席自由]
※3歳以下のお子様は無料。
※定員120名(先着順)


近現代の知られざる名曲や馴染みのある曲を
クラシックギターアンサンブルならではの美しい響きでお届けします。
お気軽にお楽しみください。

予定曲目




M.ウィルシュ: レ・シャンゼリゼ
菅野よう子: 花は咲く
M.ホートン: トワンゴロジー
C.ギャグノン: 映画都市、可愛いミューズ達の踊り
> ほか
> ※曲目は都合により変更させていただく場合があります。


■主催:夙川ギターアンサンブル
■共催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市



▲ ページトップへ

~クラシックからディズニー、ジャズ、タンゴ、童謡など~

0歳からのコンサート
ピアノ連弾でいろんなジャンルの曲を楽しもう!

DOING! DOING! 2018 ~東リ いたみホール 市民企画公募事業~

終了いたしました

2018年2月17日(土)開演11時00分(開場10時30分)
会場:B1F 多目的ホール
【出演】
Mariko (井上 真理子)
Nanako


■チケット
500円 (税込)[全席自由]
※3歳未満のお子様は、無料。
※定員100名(先着順)


0歳から大人まで楽しめるピアノ連弾のコンサート!
クラシックからディズニー、ジャズ、タンゴ、童謡など様々なジャンルの曲をお届けします。
皆で参加できる〈リズム遊び〉や〈一緒に歌おう〉のコーナーもあるので、表現する楽しさも味わっていただけます。
演奏途中の出入り可能。ベビーカーでそのままお入りいただけます。




予定曲目




(クラシック): チャイコフスキー/くるみ割り人形より あし笛の踊り
ブラームス/ハンガリー舞曲集より 第2番
モーツァルト/おもちゃのシンフォニー
(童謡) ふるさとのおぼろ月夜
(ディズニー) Let it Go 「アナと雪の女王」より
イクスピアリドーシャス 「メリーポピンズ」より
(ジャズ) In the Mood
(タンゴ) リベルタンゴ
(ジブリ) さんぽ 「となりのトトロ」より
(映画) The Sound of Music メドレー
ほか。
※曲目が変更になる場合がございます。ご了承ください。


プロフィール

Mariko (井上真理子)
相愛高等学校音楽科ピアノ専攻を経て、神戸女学院大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
ヨーロッパ各地で研鑽を積む。一児の母。

Nanako
幼い時はピアニストを目指すも学業に専念。
現在はサロンコンサート等で音楽を楽しんでいる。二児の母。

■主催:ピアノ連弾で色んなジャンルの曲を楽しもう実行委員会
■共催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市



▲ ページトップへ

Wspólny Recital vol.2
ショパンからの贈り物
~美しい名曲を映像やお話とともに~

DOING! DOING! 2018 ~東リ いたみホール 市民企画公募事業~

終了いたしました

2018年2月16日(金)開演18時30分(開場18時00分)
会場:B1 多目的ホール
【出演】
野澤滋美
村上裕亮


■チケット
1,000円 (税込)[全席自由]
※就学前のお子様のご入場は、ご遠慮ください。
※定員150名(先着順)

「ピアノの詩人」と呼ばれ、今もなお多くの人々に愛される名曲を数多く残した作曲家フレデリック・ショパン。
彼の生まれ育った街ポーランド ワルシャワでショパンに想いを馳せ、その空気や歴史を肌で感じながら、
ショパン音楽大学のセミナーで学んだピアニスト2人が映像と共に美しい名曲をお届けいたします。


【映像について】
ショパンに因んだ写真や映像を曲が作られた時代背景などのお話とともに紹介します。
首都ワルシャワから少し郊外の村ジェラゾヴァヴォラにあるショパンの生家やショパンが愛したカフェ等の映像をプロジェクターで流します。



予定曲目



~オールショパンプログラム~
ノクターン 第2番 変ホ長調 op.9-2
ワルツ 第1番 変ホ長調 op.18 「華麗なる大円舞曲」
幻想即興曲 嬰ハ短調 op.66
軍隊ポロネーズ イ長調 op.40-1
英雄ポロネーズ 変イ長調 op.53
舟歌 嬰ヘ長調 op.60
                                   ほか
    ※曲目が変更になる場合がございます。ご了承ください。


プロフィール

野澤滋美
大阪音楽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。
田中紀子、武岡登士子、吉田順子の各氏に師事。R・マイスター、M・モギレフスキー、J・スリコフスキー各氏のレッスンを受け研鑚を積む。
ソロ、伴奏など各種演奏会に多数出演。西宮交響楽団とグリーグのピアノ協奏曲を協演。
2005年、2013年ポーランド国立ショパン音楽大学セミナー受講。T.マナステルスカ、M.シュライバル各氏のレッスンを受ける。ディプロマ取得。
「音楽を通して何かをしたい」「もっと気軽に楽しめるクラシックコンサートを」という想いを持ち、演奏家グループbe・Thereを立ち上げ中心となって活動する。声楽や毎回違う楽器(サックス、トランペット、クラリネット、ヴァイオリン、馬頭琴、パイプオルガンなど)とピアノとのコラボレーション、曲や作曲家についてお話つきのこのコンサートは和やかな雰囲気の中で子どもからご年配まで楽しめると好評を博す。
現在は関西を中心に東京、神奈川に於いて演奏会に出演。またピアノ教室「ノザワ音楽院」では音楽の楽しさ、ピアノが弾ける喜びを伝えるべく多くの生徒の指導に情熱を注ぐ。
ホームページはこちら

村上裕亮
11歳からピアノを始める。くらしき作陽大学音楽学部音楽学科モスクワ音楽院特別演奏コース卒業。
第2回ベーテンピアノコンクール全国大会入選。
第3回ヨーロッパ国際ピアノコンクール in Japan 全国大会一般A1部門銅賞受賞。
第16回ショパン国際ピアノコンクール in ASIA 全国大会一般部門金賞受賞、アジア大会同部門銅賞受賞。
2013、2014年ポーランド国立ショパン音楽大学夏期ピアノセミナーにてイェジェイ・ロマニウク氏に師事し、ディプロマ取得。2年連続で教授推薦によるワルシャワでの修了コンサートに出演。
これまでに田村康子、羽原久美子、徳留勝敏、杉谷昭子、ジョルディ・パロマレス、ウラディミル・オフチニコフ、ユーリ・スレサレフ、コンスタンティン・シチェルバコフの各氏に師事。
現在ソロ演奏や、木管アンサンブル“crocchio(クロッキオ)”としても活動中。
2012年よりリーデンローズ登録アーティスト。音楽館ピアノプラザ講師。
ホームページはこちら





■主催:MUZYKA CHOPINA
■共催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:ポーランド市民交流友の会、一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)


▲ ページトップへ

大阪交響楽団 無料公開リハーサル

2018年2月2日(金曜日)  
開演14時(開場13時15分、プレトーク開始13時40分)
※リハーサルの進行状況により、開始時間が変更になる場合がございます。
会場:大ホール 1階席
出演:
【指揮】ディエゴ・マルティン・エチャベリア(2015年東京国際音楽コンクール<指揮>優勝)

【ギター】村治 奏一(独自のスタイルを貫く正統派ギタリスト)
大阪交響楽団



要整理券
無料[全席自由]→LinkIcon客席図
※当日、2階席前方5列は、校外学習のため小学生が来場いたします。予めご了承ください。


普段は公開されないリハーサルに立ち会える、貴重なチャンスです!
リハーサル開始前には、出演者によるプレトークもございます。クラシック音楽ファンはもちろん、まだ一度もオーケストラを聴いたことがないという方も、是非お気軽にお越しください。




予定曲目

●ロッシーニ

 歌劇「セヴィリアの理髪師」序曲
●ロドリーゴ
 アランフェス協奏曲
●ビゼー
 「カルメン」組曲より“前奏曲”“ハバネラ”“アルカラの竜騎兵”“闘牛士の歌”
●ラヴェル
 ボレロ


※リハーサルの一部を公開するものですので、全曲通して演奏するとは限りません。
※リハーサル中は、静粛を厳守願います。
  万一、リハーサルの妨げになるような行為がありました場合は、ご退場願う場合があります。
※リハーサルの開始後は、リハーサル終了まで、原則として会場への入場及び会場からの退場は出来ませんので、ご了承ください。


本リハーサルは下記演奏会のリハーサルです

大阪交響楽団 第100回 名曲コンサート “スペインからの風”~ロッシーニ没後150年/ビゼー生誕180年~
●公演日時:2018年2月3日(土)
【昼の部】開演13時30分/【夜の部】開演17時00分
●会場:ザ・シンフォニーホール
●お問合せ:大阪交響楽団 TEL)072-226-5522(平日10:00~17:00)


■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市



▲ ページトップへ

いたみ寄席 桂米朝一門会

終了いたしました


2018年1月12日(金曜日)
開演18時30分(開場18時) 
会場:大ホール
出演:桂 ざこば、 桂 南光、 桂 雀三郎、 桂 南天、 桂 ひろば、 桂 慶治朗


■チケットS席(1階席)3,500円 
A席(2階席前半)2,500円
B席(2階席後半)2,000円
<当日各500円増>(税込)[全席指定]→LinkIcon客席図
※S席は1階席、A席は2階席21列~25列、B席は2階席26列~30列になります。

2018年も「初笑い」は『いたみ寄席』で!
今回も、桂米朝門下の豪華なメンバーが勢揃い!


LinkIconチラシ拡大

出演順 

桂 慶治朗
桂 ひろば
桂 南天
桂 南光
-中入-
桂 ざこば
桂 雀三郎
※演目は当日のお楽しみ!
※一部公演内容に変更が生じる場合がございます。予めご了承ください。


■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■制作協力:米朝事務所


▲ ページトップへ

公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団設立記念
鈴木明子講演会
新しい自分を生きる~ひとつひとつ、少しずつ~

終了いたしました

2017年12月9日(土曜日)
開演14時00分(開場13時30分)
会場:大ホール
※手話通訳・要約筆記付き



■チケット
一般:2,000円
学生:1,000円
(税込)[全席指定]→LinkIcon客席図
※小学生以上有料。就学前のお子様は膝上鑑賞の場合無料。お席が必要な場合は有料。
※学生券は、中学生以上の方は当日入口にて学生証を拝見致します。
 (学生証がない場合、一般価格との差額を頂戴することがございます。)


※車椅子席、手話通訳・要約筆記席はいたみホールのみの取り扱いです。
赤外線補聴システムの貸出(無料)もございますので、ご相談ください。



本年4月1日より、伊丹市文化振興財団と伊丹スポーツセンターが統合し、
「公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団」として新たにスタートしたことを記念し、講演会を開催いたします。
プロフィギュアスケーターの鈴木明子氏が、数々の困難を乗り越えてきた自身の経験から
人生に通じるメッセージを届けます。今、何か壁にぶつかってしまっている人も必聴です。
講演前には、伊丹スポーツセンター・トレーニング指導士による手軽な健康体操を客席で行います。是非ご参加ください。


公演内容 「新しい自分を生きる~ひとつひとつ、少しずつ~」

私は決して器用な方ではありません。
でも、少しずつ前に進んでいれば、きっと目標に手が届く。
そう信じて競技者生活を続けてきました。
大学時代には摂食障害になり、体重は32kgまで落ちました。
苦悩の日々を送りながらも、「スケートが大好き。」その気持ちは変わりませんでした。
「もうスケートをする事は無理だろう。」という人も周りにはいました。
しかし、自分の夢を信じ続け、ハードルを乗り越え、世界で戦える体を再び手に入れました。
オリンピックで2度入賞、スケート界では異例と言える28歳にして
全日本選手権で優勝する事が出来たのもこの大学時代の経験があったからだと思います。
強い自分も弱い自分も素直に受け入れ、ひとつひとつ、少しずつクリアしていく事の大切さをお伝えします。

プログラム

健康体操コーナー (約15分)
鈴木明子講演会  (約90分)

プロフィール

鈴木明子 (プロフィギュアスケーター/元オリンピック日本代表)
愛知県豊橋市出身。6歳からスケートを始め、体調を崩してスケートを離れた時期もあったが、2004年に見事復帰。そして2010年バンクーバーオリンピックで8位に入賞し、多くの感動を生んだ。持ち前の表現力と世界観で2011年GPファイナル銀メダル、2012年世界選手権銅メダル、現役最後の2013年全日本選手権では悲願の優勝を果たし、ソチへの切符を手にする。ソチオリンピックでは2大会連続となる8位入賞。
現在は、プロフィギュアスケーターとしてアイスショー出演を軸に、テレビ出演や全国各地での講演活動を精力的に行っている。また2015年、本郷理華選手のSP「キダム」を振り付ける等、念願の振付師としてのキャリアをスタートさせた。

※著書※
「プロのフィギュア観戦術」(PHP新書)
「等身大で生きる-スケートで学んだチャンスのつかみ方」(NHK出版)
「壁はきっと超えられる~夢をかなえる晩成力」(プレジデント社)
「ひとつひとつ。少しずつ。」(KADOKAWA) 他


■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会
▲ ページトップへ

田尻洋一トーク&ピアノコンサートシリーズ in 伊丹 vol.75
クリスマスコンサート
~作曲家たちの幸せのひととき~

終了いたしました


2017年12月2日(土) 開演15時00分(開場14時30分)
会場:6F 中ホール
【出演】
ピアノ:田尻 洋一(田尻洋一オフィシャルウェブサイトはこちら)


■チケット(入場整理番号付入場券)
2,000円 (税込)[全席自由]
※4歳未満のお子様のご入場はご遠慮下さい。
※定員200名(先着順)

一年の終わり、クリスマスの幸せ、団らん、心の憩い…。
どんなことがあってもやがては微笑みに包まれるシューマン。
いつも幸せなモーツァルト。
初恋の相手に贈ったメンデルスゾーン。
ご機嫌なショパン。
4人の作曲家たちの心暖まる、クリスマスにぴったりの名曲を、
田尻洋一がトークを交えてお届けいたします。
終演後、ミニ交流会もございます。


プログラム

モーツァルト: ピアノソナタ イ長調「トルコ行進曲付き」
メンデルスゾーン: ロンド・カプリチオーソ
ショパン: 即興曲 第1番
  マズルカ 第11番
  ノクターン 第3番
  ワルツ 第5番
シューマン: ピアノ協奏曲 イ短調(田尻編)  <ピアノ独奏>
※曲目は都合により変更させていただく場合があります。



■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会

▲ ページトップへ


乳幼児大歓迎・0歳から入場できます!!
オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ
ファミリーコンサート

終了いたしました

2017年11月26日(日曜日)
開演14時(開場13時30分) 
会場:大ホール
【出演】

Osaka Shion Wind Orchestra
Osaka Shion Wind Orchestra Websiteはこちら(外部サイト)
【指揮】

守山俊吾
【司会】

大槻温子

■チケット 
一般2,000円
中学生以下1,500円
(税込)[全席指定]→LinkIcon客席図
※3歳未満のお子様は保護者1名につき1名まで膝上鑑賞の場合無料。お席が必要な場合はチケットが必要。



日本3大吹奏楽団の一つ、日本最古の歴史と伝統を誇る、最高峰の吹奏楽団
創立92年、日本で最も長い歴史と伝統を誇るオオサカ・シオン・ウィンド・オーケストラは、「日本3大吹奏楽団」の一つとしてテレビなどでも人気の交響吹奏楽団です。
今回はその技と経験をフル活用してお子様向けのコンサートを開催します。まさに、トップレベルの吹奏楽ファミリーコンサートをお楽しみください。

お子様にコンサートを楽しんでいただくための工夫が満載!
このコンサートは席でじっと座って演奏を聴くだけのコンサートではありません。
手拍子で演奏に参加したり、指揮者体験をしたり、目の前で演奏を見学したり、演奏にあわせて歌ったりと、最高峰の吹奏楽団ならではの、お子様に吹奏楽を楽しんでいただくための工夫が満載のコンサートです。


予定曲目

♪ヒズ・オナー (H.フィルモア作曲)

♪「アルルの女」第2組曲から ファランドール (G.ビゼー 作曲 / 林 佳史 編曲)

指揮者体験コーナー

♪歌劇「カルメン」から 前奏曲 (G.ビゼー 作曲 / 高 昌帥 編曲)

日本昔ばなしセレクション

♪きんたろう~ももたろう~うらしまたろう~はなさかじいさん~うさぎとかめ (高橋宏樹 編曲)

♪キッズ・ソング・メドレー
 おなかのへるうた~アイスクリームのうた~どんな色がすき~ふしぎなポケット
 ~北風小僧の寒太郎~そうだったらいいのにな~オバケなんてないさ (佐藤博昭 編曲)

♪小さな世界 (R.M.&R.B.シャーマン 作曲 / 三浦秀秋 編曲)

♪ディズニー・フィルム・フェイヴァリッツ (J.ヴィンソン 編曲)

みんなで歌いまショー

♪ミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」からドレミの歌
 (ペギー葉山 作詞 / R.ロジャース 作曲 / 辻本昌良 編曲)

ノリノリパーカッション

♪おもちゃのチャチャチャ (野坂昭如 作詞 / 吉岡治 補作詞 / 越部信義 作曲 / 堀田春樹 編曲)

♪吹奏楽のための第2組曲から Ⅰ.ソン・モンテューノ (A.リード 作曲 / 金山徹 編曲)

♪コパカバーナ (B.マニロウ 作曲 / 岩井直溥 編曲)
※やむをえない事情により、曲目等が変更になる場合がございます。予めご了承ください。



プロフィール

Osaka Shion Wind Orchestra
(オオサカ・シオン・ウィンド・オーケストラ)
1923年(大正12年)に誕生以来 『Shion(しおん)』の愛称で親しまれて いる交響吹奏楽団。2015年3月より「オオサカ・シオン・ウインド・オーケストラ」となる。クラシックからポピュ ラーまで誰もが楽しめるコンサートを展開し、各都市での演奏会や吹奏楽講習会、CD録音など、幅広い活動を通して音楽文化の向上と発展の ために力を注いでいる。これまでに3度の大阪文化祭賞、日 本民間放送連盟賞、日本吹奏楽アカデミー賞演奏部門賞、大阪芸術賞、なにわ大賞を受賞。2014年4月より宮川彬良が音楽 監督、秋山和慶が芸術顧問に2017年4月より西村友が正指揮者に就任。
http://shion.jp/(外部サイト)


■主催 :一般社団法人大阪市音楽団、公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援 :伊丹市教育委員会、伊丹市吹奏楽連盟、東阪神吹奏楽連盟





▲ ページトップへ

劇団四季ミュージカル『アンデルセン』


終了いたしました

2017年11月18日(土曜日)
開演14時(開場13時30分) 
会場:大ホール

■チケット〔一般〕S席8,500円
     A席6,500円
     B席4,500円
〔学生〕S席6,500円
     A席4,500円
(税込)[全席指定]→LinkIcon客席図
※学生券は3歳以上高校生以下。当日入口にて学生証の提示が必要です。
※3歳未満のお子様のご入場はご遠慮ください。



あなたの街で紡がれる、世界が愛する「アンデルセン」の物語。
「人魚姫」「みにくいアヒルの子」「はだかの王様」・・・
今なお多くの人々に愛される童話を生み出したハンス・クリスチャン・アンデルセン。
デンマークが誇る童話作家が「物語の王様」になるまでを描いたミュージカル。
「この物語を、愛する人にささげよう」
人生をみつめつづけた、若き日のアンデルセンの青春物語を
劇団四季のミュージカルでお楽しみください。
詳しい公演内容はこちら



■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会


▲ ページトップへ

Moonlight Swing Orchestra
不滅のグレンミラーサウンド


終了いたしました

2017年11月9日(木)
開演14時(開場13時30分)
会場:6階 中ホール
【出演】Moonlight Swing Orchestra



■チケット
前売2,500円
当日3,000円  (税込)[全席自由]
※定員160名
※就学前のお子様のご入場はご遠慮ください。


ビッグバンドジャズの名曲を演奏するムーンライト スウィング オーケストラ!
グレン ミラーやベニー グッドマンなど、懐かしい名曲の数々をお贈りします。
心地よいスウィングのリズムに身を任せて、リラックスしたひと時をお楽しみください。


予定曲目

♪ムーンライト セレナーデ
♪ラプソディー イン ブルー
♪真珠の首飾り
♪イン ザ ムード
♪茶色の小瓶
♪アメリカン パトロール
など


プロフィール

Moonlight Swing Orchestra
優れた若手・中堅ミュージシャンをメンバーとして、Glenn MillerやBenny Goodmanなどの伝統的ビッグバンドジャズの名曲ばかりを演奏するバンドとして結成。
コンサートやライブ、イベント、学校公演などさまざまなシチュエーションで演奏し、そのアンサンブルの美しさは定評があります。
メンバーは演奏活動の他にレコーディング、音楽大学で教鞭、地域貢献など、その活動は多岐にわたり、実力は証明されています。
スウィングのリズムに身を任せて、リラックスしたひと時をお楽しみください。





■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市、Moonlight Swing Orchestra




▲ ページトップへ

Espacio 光の空 2017


終了いたしました


2017年10月18日(水)
開演18時30分(開場18時00分)
会場:6階 中ホール
【出演】Espacio(ヴァイオリン:柴田奈穂、ギター:ファルコン)
    ゲスト:渡辺庸介(パーカッション)

■チケット
2,800円 (税込)[全席自由]
※定員180名(先着順)
※就学前のお子様のご入場はご遠慮ください。


タンゴを中心に活躍中のヴァイオリニスト柴田奈穂と、アコースティックギターを中心に独自の音作りで話題のファルコンによるデュオ、Espacio。スペイン語で“空間”を意味するその名のとおり、強く、美しい立体的な音で観客を魅了し続けています。
今回のコンサートでは、スウェーデン音楽を基本としながらも、ジャンルを問わず幅広く活躍しているパーカッショニスト渡辺庸介をゲストに迎え、トリオでの公演です。
この3人でしか作り上げられない、重厚かつ異国情緒あふれるサウンドを是非、お楽しみください!




プロフィール

Espacio
ヴァイオリニストの柴田奈穂と、ギタリストのファルコンからなるデュオ。



柴田奈穂(ヴァイオリン)
6歳よりバイオリンを始める。
これまで、クラシックを仙崎明子氏、タンゴをフェルナンド・スアレス・パス氏、ポップスを中西俊博氏に師事。
アストル・ピアソラの音楽に衝撃を受けアルゼンチンタンゴに傾倒する。
2006年単身アルゼンチンに渡りバンドネオンのワルテル・リオス氏らとファーストソロアルバム「ブエノスアイレスの冬」を現地レコーディング。
現在「LAST TANGO」主宰。2013年ファーストアルバム「LAST TANGO」をリリース。2015年ブエノスアイレスでレコーディングしたセカンドアルバム「La Usina -LAST TANGO en Buenos Aires」をリリース。全国的にツアーを展開。
2012年東京タンゴ祭、2015年奈良タンゴ祭出演。
2012年より西塔祐三とオルケスタ・ティピカ・パンパに参加。
2015年公開映画荒井晴彦監督「この国の空」で演奏、アレンジを担当。
これまで多数のミュージシャンたちと共演。現在、ジャンルを問わず、全国各地サポートを含むさまざまなライブシーン、レコーディング、海外公演、などでも精力的に活躍中。
京都出身。東京在住。
URL  柴田奈穂Homepageはこちら(外部サイト)



ファルコン(ギター)
広島県福山市生まれ。
高校入学時からエレキギターを始め、ロックから多大な影響を受ける。
サポートミュージシャンとして演奏活動を始め、変則チューニングでの作曲をきっかけにオリジナル曲を中心としたライブも積極的に展開。
アコースティックギター、エレキギターに delay, drone, loopなど空間的なエフェクトを活かした独自の奏法で、ソロでの演奏や、台湾原住民曲を取り入れた音響系バンド "Eri Liao Trio"、ジプシー音楽のエッセンスを取り入れた高橋誠とのduo、中西俊博、新垣隆、ウェイウェイ・ウーなどとの共演など、年間150本以上の演奏活動を行っている。
自然や風景を描写して作った楽曲は様々なシーンで評価を得ている。


URL  ファルコンHomepageはこちら(外部サイト)


渡辺庸介(パーカッション)
1986年7月1日生まれ、京都府綾部市出身。
タンバリンを主軸に、あらゆる打楽器からボイスパーカッションまで様々な音色を駆使した、ジャンルにとらわれない柔軟かつ大胆なプレイが持ち味。
これまで北欧音楽バンドDrakskipのパーカッション、メインMCとして全国、世界で年間150本を超える演奏活動を行う。2012年、2014年にはスウェーデン、フィンランドの音楽フェスに参加、2015年のFUJI ROCK FESTIVALでは異例のアンコールをうける。
2015年に拠点を東京に移してからは様々なミュージシャン、バンドと共演。同年夏にはNHK連続テレビドラマ小説『マッサン』のヒロイン、シャーロットケイトフォックスのソロライブツアーメンバーとして全国8カ所をまわる。
現在はスウェディッシュ、アイリッシュ、ブルガリアなどの民族音楽からポップスまで、ジャンルを問わず幅広い活動を続けている。


URL  渡辺庸介Homepageはこちら(外部サイト)


■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市、Espacio

▲ ページトップへ

テレマンのバロック音楽の宴 vol.25

高田泰治が紡ぐ、ベートーヴェンの求めた音の姿
「月光」
200年前の月光に楽聖は何を見たのか・・・酒蔵を舞台に一夜だけ蘇る初演当時の響き


終了いたしました

2017年10月15日(日)
開演14時00分(開場13時30分)
会場:みやのまえ文化の郷 伊丹市立伊丹郷町館 旧岡田家住宅 酒蔵(外部サイト)
【出演】
フォルテピアノ:高田泰治 (平成28年度「咲くやこの花賞《音楽部門》」受賞)
解説:延原 武春
使用楽器:オーストリア・インスブルックの名工J.G.グレーバー製作によるオリジナルのフォルテピアノ(1810年頃)
日本テレマン協会ウェブサイトはこちら(外部サイト)


■チケット2,000円 (当日500円増)
(税込)[全席自由]
※定員140名(先着順)
※就学前のお子様のご入場はご遠慮ください。


18世紀のオリジナル楽器と
高田泰治の演奏によって、
ベートーヴェンの求めた音が鮮やかに蘇る!

平成28年度「咲くやこの花賞《音楽部門》」を受賞し、
今最も注目集める古典鍵盤楽器奏者の一人である高田泰治。
“楽聖”ベートーヴェンが生きた時代の楽器をつかい、
ベートーヴェンが奏でてほしかったであろう音で「月光」を奏でます。
酒蔵で、200年前の月光はどのような音楽を響かせるのか・・・その耳でお確かめください。
コンサート終演後には、調律師によるフォルテピアノのミニ解説講座もございます。




予定曲目

モーツァルト: きらきら星変奏曲 ハ長調 Kv265(300e)
  ロンド イ短調 Kv511
  幻想曲 ニ短調 Kv397(385g)

ロンド ニ長調 Kv485
ハイドン: ソナタ 第62番 変ホ長調 HobⅩⅥ:52
ベートーヴェン: ソナタ 第14番 嬰ハ短調「月光」Op.27-2
※曲目は都合により変更になる場合がございます。


プロフィール

高田 泰治(フォルテピアノ)
2002年神戸新聞松方ホールにてテレマン室内オーケストラとともにピアノ、フォルテピアノ、チェンバロのそれぞれの協奏曲を一夜で演奏するという公演にてデビュー。チェンバロ奏者としてはJ.S.バッハの作品をテーマにチェンバロのリサイタルシリーズの演奏内容が高く評価され、2011年5月の「バッハ・アルヒーフ」(ライプツィヒ)定期演奏会に招聘された。現在はU.ブンディース(ヴァイオリン)とデュオを結成しドイツ各地で演奏活動を展開中。2013年4月にはU.ブンディースとのデュオCD、2016年には4つの古典鍵盤楽器を使用した「うつろい」をリリース。平成23年度坂井時忠音楽賞受賞。平成28年度咲くやこの花賞《音楽部門》受賞



延原 武春(解説)
プロフィールはこちら (外部サイト)


使用楽器;フォルテピアノ
オーストリア・インスブルックの名工J.G.グレーバー製作によるオリジナルのフォルテピアノ(1810年頃)



■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市

▲ ページトップへ

千住真理子 ヴァイオリン・リサイタル
~スペシャルゲスト 千住明~

終了いたしました

2017年10月1日(日曜日)
開演14時00分(開場13時30分)
会場:大ホール
【出演
千住 真理子 (ヴァイオリン)
千住 明 (作曲家・スペシャルゲスト)
山洞 智 (ピアノ)



■チケット
一般:3,500円
学生:2,500円
(税込)[全席指定]→LinkIcon客席図
※就学前のお子様の入場はご遠慮ください。
※学生券は、中学生以上の方は当日入口にて学生証を拝見致します。(学生証がない場合は、一般価格との差額をいただくことがございます。)


デビュー42周年のヴァイオリニスト千住真理子が奏でる幻の名器 ストラディヴァリウス “デュランティ” の美しき音色!
兄で作曲家の千住明氏をゲストに迎え、兄妹ならではのトークも交え、
千住明作品をはじめ、バッハ、ブラームス等、名曲の数々をお贈りするスペシャルコンサート

予定曲目

J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番より
第1楽章 アダージョ
J.S.バッハ/千住 明 編: 2つのメヌエット
ヘンデル: ラルゴ
モーツァルト/クライスラー: ロンド ~ハフナー・セレナーデより
モーツァルト: ピアノ・ソナタ 第11番より
アンダンテ・グラツィオーソ~トルコ行進曲
ブラームス: ワルツ 作品39-15
ブラームス: ハンガリー舞曲 第1番
        -休憩-
      <千住真理子と千住明のトーク>
千住 明: andante ~母・千住文子に捧ぐ~
草川 信/千住 明 編: 夕焼け小焼け
  滝廉太郎/千住 明 編: 荒城の月
成田為三/千住 明 編: 浜辺の歌
千住 明: ラストナイト
千住 明: 風林火山 ~大河流々
※曲目が変更になる場合がございますので、予めご了承ください。


プロフィール

千住 真理子 Mariko Senju (ヴァイオリン)
2歳半よりヴァイオリンを始める。全日本学生音楽コンクール小学生の部全国1位。NHK交響楽団と共演し12歳でデビュー。日本音楽コンクールに最年少15歳で優勝、レウカディア賞受賞。パガニーニ国際コンクールに最年少で入賞。慶應義塾大学卒業後、指揮者故ジュゼッペ・シノーポリに認められ、87年ロンドン、88年ローマデビュー。国内外での活躍はもちろん、文化大使派遣演奏家としてブラジル、チリ、ウルグアイ等で演奏会を行う。また、チャリティーコンサート等、社会活動にも関心を寄せている。
1993年文化庁「芸術作品賞」、1994年度村松賞、1995年モービル音楽賞奨励賞各賞受賞。
1999年2月、ニューヨーク・カーネギーホールのウェイル・リサイタルホールにて、ソロ・リサイタルを開き、大成功を収める。
2002年秋、ストラディヴァリウス「デュランティ」との運命的な出会いを果たし、話題となる。
2015年はデビュー40周年を迎え、1月にイザイ無伴奏ソナタ全曲「心の叫び」、2月にはバッハ無伴奏ソナタ&パルティータ全曲「平和への祈り」をリリース、両作品ともレコード芸術誌の特選盤に選ばれた。2016年は、300歳の愛器デュランティと共に奏でるアルバム「MARIKO plays MOZART」をリリース。またプラハ交響楽団、ハンガリー国立フィルハーモニー管弦楽団と各地で共演。2017年は全国でスーク室内オーケストラとツアーを行い、好評を博した。また、5月にブラームス没後120年記念で「ドラマティック・ブラームス」をリリース。
   コンサート活動以外にも、講演会やラジオのパーソナリティを務めるなど、多岐にわたり活躍。著書は「聞いて、ヴァイオリンの詩」(時事通信社、文藝春秋社文春文庫)「歌って、ヴァイオリンの詩2」「ヴァイオリニストは音になる」(いずれも時事通信社)「ヴァイオリニスト 20の哲学」(ヤマハミュージックメディア)母との共著「母と娘の協奏曲」(時事通信社)「命の往復書簡2011~2013」(文藝春秋社)「千住家、母娘の往復書簡」(文藝春秋社文春文庫)など多数。
LinkIcon千住真理子オフィシャル・ホームページ


千住 明 Akira Senju (作曲家)
1960年東京生まれ。東京藝術大学作曲科卒業。同大学院首席修了。修了作品は史上8人目の東京藝大買上、同大学美術館に永久保存。
その活動は多岐にわたり、作曲家・編曲家・音楽プロデューサーとして活躍。
代表作にピアノ協奏曲「宿命」(ドラマ「砂の器」劇中テーマ曲)、オペラ「万葉集」「滝の白糸」、「カレンダー組曲」等。ドラマ「ほんまもん」「砂の器」「風林火山」「流星ワゴン」「LEADERS」、映画「226」「わが心の銀河鉄道」「愛を乞うひと」「黄泉がえり」「涙そうそう」「追憶」、アニメ「機動戦士Vガンダム」「鋼の錬金術師FA」、NHK「日本 映像の20世紀」「ルーブル 永遠の美」、TV「アイアンシェフ」、CM「アサヒ スーパードライ」、ウィーン美術史美術館&TBS公式テーマ曲「Glorious Museum」等、音楽担当作品は数多い。3度の日本アカデミー賞優秀音楽賞受賞等受賞歴多数。メディアへの出演も多く、NHK「日曜美術館」のキャスターも務めた。東京藝術大学特任教授。東京音楽大学特別招聘教授。
LinkIcon千住明オフィシャル・ホームページ


山洞 Satoshi Sando (ピアノ)
4歳からピアノを14歳から作曲を学ぶ。1993年東京藝術大学大学院修了。90年大学より安宅賞受賞。91年第 60回日本音楽コンクール作曲部門首位、あわせて安田賞受賞。その後フランス政府給費留学生として渡仏。パリ国立高等音楽院にてさらに研鑽を積む。
 作曲と演奏の双方にわたり活動を展開、また両者をつなぐ新曲の初演も多数。ピアニストとしては独奏以外でも、とくに室内楽分野で内外のトップアーティストの共演者として絶大な信頼を寄せられている。97年8月に帰国。98年8月には国際交流基金派遣で南米ブラジル、アルゼンチンの各地まで演奏旅行にでかける。
 現在、東京音楽大学准教授、東京藝術大学非常勤講師。



■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会

▲ ページトップへ

「鳴く虫と郷町」関連企画
桂米朝一門 いたみ寄席 ~座敷で楽しむ、生落語~


終了いたしました

2017年9月15日(金曜日)
開演18時30分(開場18時00分)
会場: 大和室(4階)
出演: 桂 千朝、桂 団朝、桂 紅雀、桂 そうば、桂 弥っこ

(米朝事務所ホームページはこちら) 


■チケット
前売1,800円 (当日2,000円)
(税込) [全席自由]
※イス席あり
※定員100名(先着順)

熱気あふれる和室を会場に、間近で落語の醍醐味を味わえる公演です。 若手からベテランまで、桂米朝一門ならではの個性あふれる出演者の競演を、どうぞお楽しみに!



出演順

桂 弥っこ
桂 そうば
桂 団朝
 -中入-
桂 紅雀
桂 千朝

■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■制作協力:株式会社米朝事務所

▲ ページトップへ

田尻洋一トーク&ピアノコンサートシリーズ in 伊丹 vol.74
不朽の名作選2
「作曲家たちの青年期…渾身の傑作集」
~田尻編ピアノ協奏曲とともに~


終了いたしました

2017年9月3日(日)開演14時00分(開場13時30分)
伊丹アイフォニックホール(伊丹市立音楽ホール)
【出演】田尻洋一(ピアノ)(田尻洋一オフィシャルウェブサイトはこちら)



■チケット
一般:3,000円
学生(小学生以上):2,500円
シルバー(60歳以上):2,500円
子ども(4歳以上):1,500円
(税込)[全席自由]→LinkIcon客席図



国内外で活躍するピアニスト、田尻洋一。
今回は、大作曲家たちが20代半ば、熱き血潮がみなぎっている頃の作品を集め、それぞれが若いエネルギーに溢れた力作をお楽しみいただきます。メインのブラームスの長編・ピアノ協奏曲は、ピアノ独奏による田尻洋一オリジナル編曲版の初演です。迫力ある壮大なスケールをご堪能ください。

プログラム

モーツァルト: 幻想曲 ニ短調
ショパン: 幻想即興曲、バラード 第1番
ラヴェル: 水の戯れ
シューベルト: 「さすらい人」幻想曲
ブラームス: ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調(田尻編)
※曲目は都合により変更させていただく場合があります。

■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会

▲ ページトップへ

人形劇団クラルテ 大型人形劇 「火の鳥 -黎明編-」

終了いたしました

2017年9月2日(土曜日)
開演14時00分(開場13時30分)
会場:大ホール

出演:人形劇団クラルテ
共演:いたみ火の鳥合唱団
原作:手塚治虫
[協賛]手塚プロダクション・宝塚市立手塚治虫記念館

■チケット
1階席 一般:3,500円
    高校生以下:2,500円

       ※10名様以上団体割引あり
    ペア券:6,500円(前売りのみ)
2階席 共通:2,000円
(税込)[全席指定]→LinkIcon客席図
※4歳未満のお子様の入場はご遠慮ください。
※当日500円増(2階席は前売・当日同料金。ペア券の当日販売はありません)


手塚治虫原作・ファミリー向け大型人形劇「火の鳥」ファイナル公演!

80体を超える人形とダイナミックな舞台美術・照明によって手塚治虫「火の鳥」の世界が舞台によみがえる!

「人間はなぜ生まれたのか。人はなぜ戦うのか・・・」
人間そして世界の根源的な問いをはらんだ本作は、10年近くにわたって全国各地で上演され、大きく成長をとげてきました。ファイナル公演となる本公演でも、地元合唱団をはじめ多くの方の協力を得てさらなる進化を遂げて登場します。
皆様ぜひお越しください!

ストーリー

時は古代。クマソの国に火の中から何度でも蘇り、その血を飲んだものは永遠の生命を手に入れるという火の鳥がいた。
火の鳥を狙う女王卑弥呼に故郷の村を焼き滅ぼされ、復讐を心に誓うクマソの少年ナギ。しかし敵の武将猿田彦に弓矢の腕を見込まれ、ともに暮らすうち、親子の情を通わせはじめる。猿田彦とともに卑弥呼から逃れ、故郷へ戻ったナギは生き残った姉ヒナクと再会する。ヒナクもまた敵の密偵だったグズリと夫婦となり、たくさんの子を生み育てていた。
姉や幼子たちを戦いから守るため、火の鳥をしとめる決心をするナギ。一方、ヨマ国の弓の達人、天の弓彦も卑弥呼の命を受け火の鳥のもとへ向かう。そして、新たな敵、高天原族の侵略の手が迫りくる・・・!
人の欲望が生み出した争いは、誰にも止めることができないのか。 「この世界はどうして生まれたの 人間は何のために生まれたの・・・」
公演地の少年少女合唱団のコーラスにのせておくるファミリー向け大型人形劇。


■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市、伊丹おやこ劇場、人形劇団クラルテ
■後援:兵庫県、兵庫県教育委員会、伊丹市教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、神戸新聞社
    朝日新聞神戸総局、ラジオ関西
■協力:いたみキッズハーモニー(合唱)、どんぐりコールミュージカルスクール(合唱)
    NPO法人明石おやこ劇場、尼崎子ども劇場、おやこっこ西脇、神戸須磨北おやこ劇場
    神戸垂水おやこ劇場、神戸中央おやこ劇場、加古川おやこ劇場、加西おやこ劇場、三田親と子の劇場
    宝塚ふぁみりぃ劇場、西宮くぐつ座、姫路こども劇場、NPO法人兵庫県子ども文化振興協会
    篠山チルドレンズミュージアム、碧河舎、新田ふるさと村

▲ ページトップへ


観覧無料!
伊丹の昔懐かしい思い出が朗読劇や写真とともによみがえる!

いたみホール1階エントランスホール活用事業Vol.8
アイホールがつくる「伊丹の物語」プロジェクト
リーディング公演(朗読劇)
『D商店の話~昆陽池から来たヘビ』


終了いたしました

2017年8月23日(水曜日)
開演13時00分(開場12時30分)
会場:1階エントランスホール(1階入口ロビーです)

上演作品

『D商店の話~昆陽池から来たヘビ~』
(「伊丹の物語」プロジェクトの2年目に創作した短編作品)
「アイホールがつくる『いたみの物語』プロジェクト」とは


【作】ごまのはえ+大道みなみ
【演出】大道みなみ
【出演】伊丹市立伊丹高校演劇部
    兵庫県立伊丹西高校演劇部
※公演後に、ごまのはえさん、大道みなみさんによるアフタートークを行います。司会は岩崎正裕さん(アイホールディレクター)です。



■無料[全席自由]
当日会場に直接お越しください。(事前申込不要。整理券なし。)
※イス席約50席(立ち見可)


伊丹に古くからお住まいの方へのインタビューをもとに、街の歴史、出来事、
思い出を織り交ぜて創作した物語『D商店の話~昆陽池から来たヘビ~』を
“朗読劇(リーディング)”で上演します。舞台には昔の伊丹の写真も登場します。
公演終了後には作・演出家によるアフタートークもございます。あわせてお楽しみください。


いたみホー1階エントランスホール活用事業 vol.8 × アイホール「地域とつくる舞台」シリーズ
■主催/公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市  
■企画/伊丹市立演劇ホール
平成29年度文化庁劇場・音楽堂等活性化事業
■助成/一般財団法人地域創造



▲ ページトップへ


~辻本茂雄絆で30周年記念スペシャル~

よしもとお笑いライブ in 伊丹 2017

終了いたしました

2017年8月19日(土曜日)
1回目 開演12時30分(開場12時00分)
2回目 開演16時00分(開場15時30分)
会場:大ホール
【出演】
新喜劇:辻本茂雄、島田珠代、アキ 他
矢野・兵動、もりやすバンバンビガロ、アキナ、学天即、コーンスターチ、男と女、セルライトスパ
※出演を予定しておりましたマルセイユは都合により、出演できなくなりました。代演として、男と女、セルライトスパが出演いたします。
(よしもとライブオフィシャルサイト はこちら)
※出演者は急遽変更になる場合がございます。予めご了承ください。


■チケット
前売 大人3,500円 こども(小学生以下)2,800円
当日 大人4,000円 こども(小学生以下)3,000円
(税込)[全席指定]→LinkIcon客席図
※5歳以上有料。5歳未満のお子様は保護者1名につき1名膝上での観賞の場合無料。ただし、お席が必要な場合はチケットが必要です。

芸歴30周年を迎える、辻本茂雄座長!
記念すべき年に、新喜劇メンバーが大暴れ!人気のお笑い芸人達のライブもてんこもりのスペシャル公演。
夏休みに熱く盛り上がろう!



■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市、吉本興業株式会社
■後援:伊丹市教育委員会
■企画制作:株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー


▲ ページトップへ

市民 ピアノリレーコンサート 2017

終了いたしました
2017年7月15日(土曜日)
開演9:30~終演19:00(終演時間は予定)
会場:大ホール

入場無料[全席自由]

スタインウェイ、ベーゼンドルファー、ヤマハ。
いたみホール所有の3台のフルコンサートピアノを
約100組のピアニストが弾きつなぐ

ソロ演奏の他に、サックスなどピアノ以外の楽器との「ジョイント」演奏、2人
で1台のピアノを演奏する「連弾」、2台のピアノを演奏する「デュオ」もありま
す。
お子様に人気の曲から、クラシック音楽の名曲まで、さまざまな名曲をお楽しみ
いただけます。
さらに12時から弦楽カルテットやギター、リコーダーによるロビーコンサートも
開催します!

■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■協力:兵庫県立伊丹北高等学校放送委員会(アナウンス)

▲ ページトップへ


市民ピアノリレーコンサート2017 関連企画

ミニ ロビーコンサート

終了いたしました
2017年7月15日(土曜日)
12時~13時(予定)
※市民ピアノリレーコンサート午前の部 終了後開演します。

会場:1階エントランスロビー
観覧無料[全席自由]

市民ピアノリレーコンサート2017の昼休憩に、3組のミュージシャンによる ロビーコンサートを開催!
今年は弦楽カルテット・リコーダー・ギターを演奏いたします!

■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市

▲ ページトップへ

キエフ・クラシック・バレエ 
チャイコフスキー 夢の3大バレエ名場面集

終了いたしました
2017年7月9日(日)
①開演12:30(開場12:00)
②開演15:00(開場14:30)
会場:大ホール
【出演キエフ・クラシック・バレエ

【予定プログラム】
 ◆「くるみ割り人形」より
 ◆「白鳥の湖」より
 ◆「眠れる森の美女」より
 ※公演時間 約1時間30分(休憩含む)

■チケット
3,800円
(税込)[全席指定]→LinkIcon客席図
※4歳以上のお子様からご入場いただけます。

【プロフィール】
キエフ・クラシック・バレエ
(キエフ市立アカデミー・オペラ・バレエ青少年劇場バレエ)
キエフ・クラシック・バレエ(キエフ市立アカデミー・オペラ・バレエ青少年劇場バレエ)は、古典作品とともに現代作品の上演にも力を注ぐ、高いプロ意識を持ったアーティストの集団です。この劇場が設立されたのは今から30年以上前の1982年。「未来ある子どもたちに、本物の芸術にふれてほしい」という願いのもと、ロシア・バレエの著名な芸術家たちによって創設されました。青少年劇場というのは世界的にみても数えるほどしかなく、ウクライナでは、この劇場が最初に設立され現在に至るまで国内唯一の存在となっています。
劇場は同じ地区にあるキエフ・バレエと相互協力関係にあり、30年にわたり綿密な関係を保ってきました。様々な演目に、キエフ・バレエから優秀なソリストたちをゲスト・ダンサーとして迎え、色々な役柄で出演を行っています。また、劇場専属の優秀なプリンシパルダンサーを育て、数多くの主演ダンサーを生んできました。それが、今日の素晴らしいステージを作り上げています。


■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市、インプレサリオ東京
■後援:伊丹市教育委員会

▲ ページトップへ

仮面ライダースーパーライブ2017

終了いたしました

2017年6月24日(土曜日)
1回目開演11時00分/2回目開演14時30分(開場は各30分前、公演時間約90分)
会場:大ホール

(外部サイト)

■チケット
大人2,900円/こども(中学生以下)1,900円
(税込)[全席指定]→LinkIcon客席図
※3歳以上有料。保護者1名につき3歳未満のお子様1名まで、膝上鑑賞の場合無料。ただし、3歳未満でもお席が必要な場合はチケットが必要です。

歴代仮面ライダーが集う音と光のライブスペクタクル!!
このステージの運命は俺が変える!!

従来のキャラクターショーを超える大迫力の演出!!

従来のキャラクターショーの枠を超えた、スペシャルアクションステージ『仮面ライダースーパーライブ』は、レーザーや照明、音響機器を駆使した“ライブ”ならではの演出で迫力満点!
目の前で繰り広げられる超絶バトルに大興奮間違いなしです!さあ、みんなでイベント会場に!レッツ!ゲームスタート!

完全オリジナルストーリーで仮面ライダーが多数登場!!

完全オリジナルストーリーで、テレビや映画とは一味違った仮面ライダーの活躍が見られます。仮面ライダーが登場すると同時に会場はどんどんヒートアップ!!仮面ライダーエグゼイドはもちろん、仮面ライダーゴーストや歴代の仮面ライダーも多数登場しますので子供から大人まで家族揃ってお楽しみ頂けるスペシャルなライブステージです。

スペシャルな握手会も実施!!

ショー終了後には、当日グッズコーナーで対象商品をお求めいただいたお客様限定で、キャラクターによる握手会も予定。滅多に会えない仮面ライダーとも握手できるかも。忘れられない思い出を作ろう!

仮面ライダー登場で会場の熱気は最高潮!!
熱きレジェンドライダーバトル
伝説の仮面ライダーからエグゼイドまで多数登場!!

 お父さんが大好きだった伝説の仮面ライダーから、現在放送中の仮面ライダーエグゼイドまで、ライブには多数の仮面ライダーが登場します!!

会場だけの限定販売!!限定グッズも販売

会場では仮面ライダーエグゼイドのグッズや、イベント会場でしか手に入らない限定オリジナルグッズなど、さまざまなアイテムを販売しているぞ!

このライブステージをノーコンティニューで体感(クリア)せよ!


■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会
▲ ページトップへ

アストル・ピアソラ 没後25年特別企画
メモリアルコンサート「ピアソラに馳せる想い」

終了いたしました
ピアソラ最後のピアニストPablo Ziegler ヌエヴォ タンゴ アンサンブル

2017年6月16日(金曜日)
開演19時00分(開場18時30分)
会場:大ホール
【出演
Pablo Ziegler ヌエヴォ タンゴ アンサンブル
 ピアノ・作曲・編曲:Pablo Ziegler (パブロ・シーグレル)
 バンドネオン:北村 聡
 コントラバス:西嶋 徹

 ギター:鬼怒 無月
 パーカッション:ヤヒロ トモヒロ

■チケット
S席一般:4,500円/S席学生:3,500円
A席一般:4,000円/A席学生:3,000円
(税込)[全席指定]
※就学前のお子様の入場はご遠慮ください。
※学生券は、中学生以上の方は当日入口にて学生証を拝見致します。(学生証がない場合は、一般価格との差額をいただくことがございます。)


ピアソラ五重奏団のピアニストとして10年間に渡り、世界ツアーを行ったパブロ・シーグレルは、ピアソラの引退後も様々な世界的ミュージシャンと共演を重ね、自身もラテン・グラミー賞を受賞するなど、まさに現代タンゴの巨匠の名にふさわしい活躍を続けています。
共演には、日本を代表するミュージシャンたちが集結。シーグレルとの息の合った演奏とともに、極上のステージをぜひお見逃しなく!


予定曲目

●Michelangelo 70 / ミケランジェロ70

 (ピアソラ)
●Libertango / リベルタンゴ

 (ピアソラ)
●La Rayuela / 石蹴り遊び

 (シーグレル)
●Fuga y Misterio / フーガと神秘

 (ピアソラ)
●Elegia sobre Adios Nonino / 「アディオス・ノニーノ」によるエレジー

 (ピアソラ/シーグレル)
●Rojotango / ロホタンゴ
 (シーグレル)
ほか
※曲目は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

プロフィール

Pablo Ziegler パブロ・シーグレル(作曲家/編曲家/ピアニスト)
ニューヨークを拠点に世界的に活躍するアルゼンチン人作曲家/編曲家/ピアニスト。名門ブエノスアイレス音楽院を首席で卒業。
1978 年より、クラシックピアニストでありながらジャズの即興の才をもつピアニストを探していたピアソラに、タンゴの革命児アストル・ピアソラの五重奏団のメンバーとして招かれる。
その後、師の引退まで10 年余巨匠を支え、ピアニストとして世界中での演奏活動に参加し、ピアソラ五重奏団の音楽的発展に大きな影響を与えた。2005年には、南米出身ギタリストの最高峰キケ・シネシとバンドネオン奏者ワルター・カストロとリリースしたアルバム「バホ・セロ」でラテン・グラミー賞受賞。
2016年2月には横浜芸術財団/横浜能楽堂による委嘱で新作「12Horas」~重なる瞬間(とき)~を尺八、琴、ピアノ、バンドネオン、弦楽五重奏、和打楽器、ドラムのために作曲し、みなとみらいホールにて藤原道山(尺八)をゲストに世界初演がされた。
作品は日本伝統音楽とアルゼンチンのヌエボタンゴとの壮大なクロスオーバを遂げたことで絶賛される。
LinkIconさらに詳しいプロフィールはこちら


Satoshi Kitamura 北村 聡 (バンドネオン)
奈良県出身。関西大学在学中にバンドネオンに出合い小松亮太に師事、ブエノスアイレスではフリオ・パネのレッスンを受ける。韓国、シンガポール、ウルグアイ、アルゼンチン、チリ、カナダのフェスティバルにて演奏。
11年元ピアソラ五重奏団ピアニスト、パブロ・シーグレルのアジアチームに抜擢。
14年東京オペラシティのリサイタルシリーズ B→Cに出演、意欲的なプログラムに挑戦し好評を得る。
これまでに須川展也、鈴木大介、波多野睦美、舘野泉、菊地成孔、川井郁子、夏木マリ、エゴ ラッピン、中島ノブユキ、リチャード・ストルツマン、カルロス・アギーレ、レオポルド・フェデリコ、仙台フィル等と共演。NHK「八重の桜」「まれ」「あさが来た」、映画「そこのみにて光輝く」をはじめ様々な録音に参加、繊細な表現には定評がある。
現在、クアトロシエントス、喜多直毅クアルテット、西塔祐三&オルケスタティピカ・パンパ、三枝伸太郎 Orquesta de la Esperanza等数多くの楽団で活動中。


Toru Nishijima 西嶋 徹 (コントラバス)
1973年東京生まれ。5才よりヴァイオリンを始め、高校よりエレキベースを始める。大学を卒業後コントラバスに転向。Su、Nervio、west/rock/woods、「森」、cuatrocientos、tango-jack、三枝伸太郎orquesta de la esperanzaなど、ジャンルを超えて様々なグループに参加。これまでにJazztronik、Pablo Ziegler、青木カレン、上妻宏光、中孝介、綾戸智恵、ウィリアムス浩子、小野リサ、カルメンマキ、木住野佳子、小松亮太、須永辰緒、葉加瀬太郎、藤本一馬、古澤巌、ワサブロー、など多くのアーティストのコンサートやレコーディングに参加。2014年にピアニスト林正樹との2枚目となるDUOアルバム「El retratador」をリリース。


Kido Natsuki 鬼怒無月 (ギター)
神奈川県出身。高校時代より音楽活動を始める。プログレッシヴ・ロックやジャズ、民族音楽等をルーツに持ち、日々自己のギタースタイルを進化させ続ける異才ギタリスト。数多くのアーティストの信頼を得て、日々セッション活動を続け、最近ではプログレッシヴ・タンゴ・バンド“Salle Gaveau”を率いて国際的にも活躍している。
‘05年7月、Silentレーベルより「Wild Life」を発表。狂熱のエレクトリック・ギターからダイナミックなアコースティック・ギターまで、幅広い音楽性と音色の美しさが話題を呼ぶ。また、’07年11月にクラシック・ギタリスト鈴木大介とギター・デュオ”The DUO”を結成。1stアルバム「The DUO」を発表。‘08年10月にはセカンド・アルバム「Cinema Voyage」、‘10年「SEASONS」をリリース。絶妙なアンサンブルとそのアプローチは、各方面から絶賛されている。


Tomohiro Yahiro ヤヒロトモヒロ(パーカッション)
少年時代をカナリア諸島で過ごした異色の打楽器奏者。山下洋輔、久石譲、さだまさし、等の公演やツアーに参加。「武満徹メモリアルコンサート」では、渡辺香津美、coba、鈴木大介と共にケネディーセンター、NYカーネギーホール等に招かれる。ウーゴ・ファトルーソpfとのDuo「ドス・オリエンタレス」は2012年ラテン版グラミー賞ラテンジャズ部門6位、グラフィティ賞ジャズ部門最優秀賞獲得。同年8月、同Duoにて小澤征爾氏総監督のサイトウ・キネン・フェスティバル松本に出演する。‘12年~15年同Duoで南米ツアー、欧州ツアーを展開、韓国ジャラスムやペナン島ジャズフェスティバルにも招かれた。2016年7月、同Duoはディエゴ・フォルラン サッカー選手と共にウルグアイで在外公館長表彰を受ける。12月ヤヒロトモヒロは「武満徹の映画音楽」にレギュラーメンバーとして出演。GAIA CUATRO、The Unforsaken、Florencia Ruiz & Los Hongos Orientales、Dos Orientales等、国内外で活躍中。



■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市、株式会社カイヤプロジェクト
■後援:在日アルゼンチン共和国大使館在日アルゼンチン共和国大使館

▲ ページトップへ

田尻洋一トーク&ピアノコンサートシリーズ in 伊丹 vol.73
「晩年のショパン」
~オール・ショパン・プログラム~

終了いたしました

2017年5月13日(土) 開演14時00分(開場13時30分)
会場:6F 中ホール
【出演】
ピアノ:田尻 洋一(田尻洋一オフィシャルウェブサイトはこちら)
チェロ:長明 康郎

■チケット(入場整理番号付入場券)
2,000円 (税込)[全席自由]
※4歳未満のお子様のご入場はご遠慮下さい。
※定員200名(先着順)

今回は、チェリストの長明康郎氏をお迎えし、
オール・ショパン・プログラムでお贈りいたします。
極めて高度な技術を要し、2つの楽器が協奏しながら融合する
ショパンの生前最後の作品「チェロソナタ」を中心に、
ピアノソロとデュオでお楽しみください。

プログラム


ショパン
《チェロ・ピアノ》
 チェロソナタ ト短調 
 序奏と華麗なポロネーズ
《ピアノソロ》
 舟歌
 バラード第4番
 3つのワルツ op.64
 ノクターン第17番
 英雄ポロネーズ

■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会

▲ ページトップへ