MENUはこちら




HOME > イベントのご紹介 > 自主事業 > 2022年度 > 『がまくんとかえるくんとキミのおはなし』



市立伊丹ミュージアム連携企画
『がまくんとかえるくんとキミのおはなし』


終了いたしました



【チラシおもて拡大】【チラシうら拡大】



2022年5月15日(日)
15:00(開場14:30)
【会場】大ホール

絵本『ふたりはともだち』「おてがみ」より
原作:アーノルド・ローベル
翻訳:三木卓
脚本・演出:ごまのはえ
音楽:若山祐美

みなさんに親しまれる「がまくんとかえるくん」シリーズ。
俳優、音楽家、みんなで一緒に楽しめる舞台公演。
キミも、がまくんとかえるくんの世界にいこうよ!


★市立伊丹ミュージアムオープン記念事業
「ごまのはえ×いいむろなおき 対談」はコチラからご確認ください。
※アイホールWEBサイトへ移動します。


【あらすじ】

玄関で悲しそうに座っているがまくん。かえるくんがどうして悲しそうなのか聞くと「お手紙を一度ももらったことがない」と言います。
それを聞いたかえるくんはがまくんにお手紙を書きます。ところが、配達を頼んだのがかたつむりくんだったので、なかなか届きません。
がまくんとかえるくんは並んで座ってお手紙を待っています。
…ソウタとその家族は、クラス劇のために「おてがみ」をお手本に自分たちでお話をつくることに。ふたりは、いろんな人たちといっしょにあれこれと考えてみるけれど…
うまくできるかな?

チケット料金(税込)→LinkIcon客席図

一般2,500円
子ども(中学生以下)1,500円
※当日各500円増 【全席指定】

おすすめ年齢 5歳以上
※3歳以上有料。3歳未満、膝上鑑賞の場合、1名無料。


新型コロナウイルス感染症対策

・歓声や大声は出さないようお願いいたします。
・公演当日はマスクをご着用ください。
・公演当日に検温を実施し、37.5度以上の発熱が認められる場合は、入場をお断りします。
・観覧者および関係者に新型コロナウイルス感染者が確認された場合の追跡連絡のため、チケット半券(小さい方)の表面または裏面に、来場前に、氏名および電話番号をご記入ください。
・当公演会場から感染者が発生した場合、保健所の指導の下、提出いただいたお客様の連絡先に当館または保健所等より連絡をさせていただくことがあります。
・プレゼント(花束・手紙等を含む)及び差し入れを辞退させていただきます。




チケット販売所

東リいたみホール
 ● オンライン 
 ※観劇ポータルサイト「カンフェティ」への会員登録(無料)要
  ※セブンイレブンでのチケット発券(別途発券手数料要)
  ●来館/電話予約
  ※9:00~21:30/火曜休館(5/3・4・5開館、5/6休館)
  ※電話予約は発売初日のみ14:00~


【出演】
池川タカキヨ、大路絢か、高原綾子、西村貴治、本村玲奈、山谷一也

【演奏】
上田希(クラリネット)、近藤浩志(チェロ)、久米博(トロンボーン/ユーフォニウム)、高鍋歩(パーカッション)、若山祐美(キーボード) 
※都合により、当初の出演者から次のとおり変更になりました。 クラリネット 鈴木豊人 → 上田希

【スタッフ】
舞台監督:葛西健一
照明・音響:トップ・プロデュース
宣伝美術:モモトモヨ(モモクリエイト)
演出協力:仲谷萌
演出助手:小山裕暉
制作協力:一般社団法人毛帽子事務所、松本京子(おふぃすベガ)
制作:東リ いたみホール



■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会
■協力:文化出版局、ブルーシープ

文化庁「ARTS for the future! 2」補助対象事業



▲ ページトップへ