設立概要

平成4年に財団法人として設立された伊丹市文化振興財団は、これまで市民に質の高い文化と学習の機会を提供することにより、地域の文化及び生涯学習の振興に寄与することを目的として、多くの芸術・文化事業を展開してきました。また、平成22年7月には公益財団法人に移行し、新たな社会的位置づけのもとで地域文化の振興を担ってまいりました。
平成29年4月1日付で公益財団法人伊丹スポーツセンターと実体的な事業統合を果たし、「公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団」という新たな体制で、定款に定める「伊丹市における文化・芸術、生涯学習及びスポーツの振興に関する事業を行うことにより、市民の文化意識の向上、及び健康の増進を図るとともに、地域社会の発展と豊かな市民生活の形成に寄与する」ことを経営理念とし、個性豊かで魅力にあふれた地域文化の創造に取り組んでまいります。

財団概要を見る

情報紙「ITEM(アイテム)

当財団では主催する事業などを紹介する情報紙「ITEM」を発行しています。

ITEMのページを見る

指定管理施設のご紹介

PageTop