MENUはこちら




HOME > イベントのご紹介 > 自主事業 > 2021年度 > フランス・バロック音楽の愉しみ ―Pièces de Caractère “個性的な小曲たち”―



フランス・バロック音楽の愉しみ
― Pièces de Caractère “個性的な小曲たち”


終了いたしました



【チラシ拡大おもて】【チラシ拡大うら】


2022年2月24日(木)開演19:00(開場18:30) 
【会場】地階 多目的ホール
【出演】
 橋詰シャフィック(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
 平出智子(チェンバロ)

👉出演者プロフィールはこちら




フランス王朝文化の時代、当時の宮廷での花形楽器であったヴィオラ・ダ・ガンバとクラヴサン(チェンバロ)の魅力を最大限に引き出した、様々な表情の曲をお楽しみいただきます。


演奏曲目(予定)

マラン・マレ 「ル・バディナージュ」
アントワーヌ・フォルクレ 「ラ・クプラン」
フランソワ・クプラン 「恋の夜うぐいす」




入場整理番号付チケット(税込)[全席自由]

前売2,000円 当日2,500円
★入場整理番号順にお入りいただきますが、開場時不在の
 場合は、次の方にお入りいただきますので、ご了承くだ
 さい。
★就学前のお子様の入場はご遠慮ください。
★前売券完売の場合、当日券の販売は致しません。

新型コロナウィルス感染症対策について

●館内ではマスクをご着用ください。
●検温を実施し、37.5度以上の発熱および咳など体調不良が認められる方は入場をお断り
 します。
新型コロナウイルス感染症拡大防止へのご理解、ご協力をお願いいたします。



チケット販売所

東リ いたみホール
●2階事務所窓口販売
●電話予約(TEL.072-778-8788)
〈受付時間9:00~21:30〉
〈火曜休館・火曜祝休日の場合は翌平日休館〉



プロフィール


橋詰シャフィック
(ヴィオラ・ダ・ガンバ)

大阪音楽大学短期学部卒業、パルマ国立音楽院チェロ科にてディプロマを取得、同音楽院にてヴィオラ・ダ・ガンバ科修士課程を審査員満場一致の最優秀の成績で卒業。
チェロを上塚憲一、E.コンティーニに師事。バロックチェロをC.ボエルスマに師事。ヴィオラ・ダ・ガンバをR.ジーニに師事。また、様々な室内楽マスタークラスを受講し研鑽を積む。在学中にパルマ国立音楽院新人演奏会出演。
イタリア各地にてバロックを中心にソロ、室内楽、オーケストラなどで活動する。帰国後、定期的にソリスト、室内楽でバロックコンサートや舞踊作品での演奏なども行う。
チェロ、ヴィオラ・ダ・ガンバの講師として指導も精力的に行っている。




平出智子(チェンバロ)

近江兄弟社(現・ヴォーリズ学園)中・高を経てエリザベト音楽大学パイプオルガンコース卒業。
渡仏後パリ郊外オルセー市音楽院古楽科にてクラウザンを始め、以降古楽の世界に浸る。2015年同音楽院パーフェクションコースを最優秀の評価を得て修了、クラウザン・古楽オルガン・通奏低音と、3つの演奏ディプロマを取得。
2019年パリ・サクレィ大学音楽修士課程修了。クラウザンをM.デヴェリテ、オルガンをX.ウスタッシュ、通奏低音をP-A.ブレ=ヴェップ、室内楽をJ-P.ニコラ各氏に師事。
ヴェルサイユ・バロックセンターの木曜音楽会を始め、数々の古楽プロジェクトに、ソリスト・通奏低音奏者として活動している「Les Saturiens」主宰。



■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団
    伊丹市


▲ページトップへ