お知らせ

「鳴く虫と郷町」開催期間あとわずか!(~9月22日)

朝夕と過ごしやすくなり秋らしくなってきた今日このごろ。「鳴く虫と郷町」もいよいよ終盤に近付いてきました。財団職員も終業後、音楽会や夜市等へ出かけそれぞれに「鳴く虫と郷町」を楽しんでいます。



写真 写真

写真は伊丹スポーツセンター日本庭園にある行燈です。サマーキャンプに参加した子どもたちが描いた絵が、「鳴く虫と郷町」にあわせて行燈になりました。どの絵もいきいきと可愛らしくて素敵です。一生懸命絵を描く子どもたちの姿が目に浮かびます。
もちろん「鳴く虫」たちも伊丹スポーツセンターにきています。お近くの方はぜひ虫の音を聴きにいらしてください。

さて、「鳴く虫と郷町」の開催期間も残りあとわずか!9月22日(日)まで。
暗がりの中で虫の音に耳を澄ませる「鳴く虫と暗蔵」(場所:伊丹郷町館(旧岡田家住宅・酒蔵)や朗読会、音楽会…と関連イベントはまだまだ続きます。街のお店では開催期間中にしか食べられない限定メニューもありますのでお見逃しなく。

9月21日~22日には、伊丹市美術館で開催中の「ルート・ブリュック展」にちなんだお茶やお菓子がいただける「Vari Café」(ヴァリ カフェ 場所:伊丹郷町館(旧石橋家住宅))が開店します!(ルート・ブリュック展もとってもおすすめ!)


そしてこちらは「鳴く虫と郷町」グッズのスズムシブローチ!とってもかわいいのです!
毎年デザインが異なるオリジナルTシャツもあります!集めてみてはいかがでしょうか~。

大人も子どもも、一緒になって楽しめる伊丹の街ならではの風情ある秋のイベント、ぜひ遊びにきてくださいね。

一覧に戻る
PageTop