billboard01.jpg


HOME > イベントのご紹介 > 自主事業 > 田尻洋一トーク&ピアノコンサートシリーズ in 伊丹 vol.80 ~田尻洋一渾身のアレンジ!~ “ブラームスの交響曲と・・・”


田尻洋一トーク&ピアノコンサートシリーズ in 伊丹 vol.80
~田尻洋一渾身のアレンジ!~
“ブラームスの交響曲と・・・”

終了いたしました。

2019年2月24日(日)開演14時00分(開場13時30分)
伊丹アイフォニックホール(伊丹市立音楽ホール)
【出演】田尻洋一(ピアノ)(田尻洋一オフィシャルウェブサイトはこちら)

■チケット 
一般:3,000円
学生(小学生以上):2,500円
シルバー(60歳以上):2,500円
子ども(4歳以上):1,500円
(税込)[全席自由]→LinkIcon客席図


着想から20年をかけて生まれた“難産の大曲”ブラームスの交響曲 第1番は、
ベートーヴェンの交響曲 第9番に挑んだ勝負作です。
今回は、この大スペクタクルな一曲を田尻洋一『渾身』の編曲でお届けいたします。
さらに、哀しみのモーツァルト作品、
素朴で愛らしいシューベルトの舞曲、
お馴染みショパンの大作…をあわせてお楽しみください。



プログラム

モーツァルト:ピアノソナタ イ短調 kv310
シューベルト:12のドイツ舞曲
ショパン:即興曲 第2番
アンダンテスピアナートと華麗な大ポロネーズ
ブラームス:交響曲 第1番 ハ短調 op.68 (田尻編)
※曲目は都合により変更させていただく場合があります。

プロフィール

田尻洋一(ピアノ) YOICHI TAJIRI
神戸生まれ。桐朋学園大学卒業後、渡欧して天才イディル・ビレット女史の唯一の弟子として研鑽を積む。1996年よりベートーヴェン、モーツァルト、シューベルトのピアノソナタ全曲、ショパン、シューマン、ブラームスのピアノ作品全曲演奏という世界でも類を見ない偉業を成し遂げる。また管弦楽曲のオリジナルソロ編曲版を次々と演目に取り入れる新たなジャンルを確立。他に協奏曲客演、室内楽、作曲、編曲、オーケストラ指揮、音楽専門誌執筆、大学教鞭など多才に活動。音楽に対する深い造詣、独特な美しい音と自然な息遣い、膨大なレパートリー、そして心底から感動を沸き立たせる演奏。それらオンリーワンの魅力とともに、一期一会の生演奏にこだわり続け「心から心へ」をモットーとした真に芸術性の高い真摯な演奏活動をリサイタルを主に展開。これまでにベートーヴェン32ピアノソナタ全曲演奏会を4度、モーツァルトピアノソナタ、シューベルトピアノソナタ、シューマンピアノ作品、ブラームスピアノ作品全曲演奏会は2度開催。2012年にはオリジナル編曲による「第九」「運命」「田園」「英雄」などベートーヴェンの9交響曲全曲演奏を完遂。
日本各地でのリサイタルは1,000回を超え、2010年より毎年欧州にてリサイタル公演も継続、国外でも活動の場も広げている。
スペイン、ルーマニアにて国際ピアノコンクール審査員歴任。スタインウェイハンブルク本社よりスタインウェイアーティストの称号を授与されている。
URL http://www.eonet.ne.jp/~y-tajiri/


■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
■後援:伊丹市教育委員会

▲ ページトップへ