MENU




HOME > イベントのご紹介 > 自主事業 > 2021年度 > ともしび歌声喫茶コンサート vol.3



ともしび歌声喫茶コンサート vol.3


チラシ拡大



2021年7月19日(月) ※2回公演入替制。
【1回目開演】13:00(開場12:30)
【2回目開演】16:30(開場16:00)
 ※公演時間:約120分(休憩含む)
【会場】6F 中ホール
【出演】
 〔歌と司会〕寺谷 宏、津田 伸子
 〔ピアノ〕小松原奈々子




歌い交わして67年目!
東京新宿の「歌声喫茶ともしび」の出前コンサート!
好評第3弾!!おまたせしました。
今だからこそ、声と心を合わせて。歌は生きる力です。
 歌集の中からリクエストを出し合って、みんなで懐かしい曲を歌い交わします。会場の一体感を楽しんでください。


曲目例

上を向いて歩こう、高校三年生、少年時代、芭蕉布、山のロザリア、
見上げてごらん夜の星を、原爆を許すまじ など。




新型コロナウイルス感染症対策について

●公演当日はマスクをご着用ください。
●公演当日に検温を実施し、37.5度以上の発熱および咳など体調不良が認められる方は入場をお断りします。
●新型コロナウイルス感染者発生が判明した際の追跡連絡に使用させていただくため、チケット半券に、お名前、お電話番号をご記入の上、ご来場ください。会場入口にてスタッフがご記入を確認後、お客様ご自身で半券を切り取りの上、所定のBOXにお入れいただきます。当公演の会場から感染者が発生した場合、保健所の指導の下、提出いただいたお客様の連絡先に当館または保健所等よりご連絡させていただくことがございます。



チケット(入場整理番号付き)(税込)[全席自由]

【前売】1,800円当日】2,300円

★就学前のお子様は保護者1名につき1名膝上鑑賞の場合無料。お席が必要な場合は有料。
★歌集(うたの世界111)をお持ちの方はご持参ください。
★歌集(うたの世界111)は会場で購入できます(1冊330円)。
(感染予防のためレンタルはいたしません)
※定員120名。
入場整理番号順にお入りいただきますが、開場時不在の場合は、次の方にお入りいただきますので、ご了承ください。
※車椅子の方は、介助者1名無料です。
※ビデオ・カメラまたは携帯電話での撮影禁止。



チケット販売所 

【東リ いたみホール】
 ●事務所窓口販売 4月23日(金)9:00発売開始
 ●電話予約(TEL.072-778-8788)4月23日(金)14:00発売開始
 〈通常受付時間9:00~21:30〉
 (火曜休館、5/4・5開館、5/6休館)〉






プロフィール



うたごえ喫茶ともしび
1954年、東京新宿の食堂で自然にうたごえが響き、それはうたごえ喫茶ともしび(当時は「灯」)の誕生となりました。
戦後復興の生き生きとした息吹を受け、うたごえ喫茶は人々の希望と願いがこめられ、ステージリーダーと一緒に、みんなで歌い交わす歌声は生きあう力ともなりました。
東京だけでも20件ほどのうたごえ喫茶が生まれ、国民的ブームともいわれました。その後閉店が相次ぎましたが、コマ劇場裏「灯」では、従業員達が、うたごえ喫茶を発展させよう!とお客さまのご支持をいただき、うたごえ喫茶の灯をともし続けました。


▶「ともしび」ホームページはこちら





寺谷 宏(てらたに ひろし)

歌手(テナー)・うたごえ喫茶司会者

1958年大分県豊後高田市生まれ。九州を転々とし、大自然に囲まれて育つ。法律家を目指し東京大学法学部に在学中に「うたごえ喫茶ともしび」に出会い、またたくまに魅了され、1988年入社。声楽家水野賢司氏(東京音楽大学教授)に師事し23年。ロシア民謡・ドイツ歌曲・日本歌曲・童謡からオペラアリア・カンツォーネ・シャンソンまで幅広いレパートリーを持つ。
うたごえ喫茶ともしびの中心的歌手・司会者として、新宿にある店の他、全国の出前うたごえ喫茶で公演。2000年より、ロシア・ラトヴィア・リトアニア・カナダ・デンマーク・ドイツ各国とのうたごえ交流ツアーを企画・同行。2018年には18年ぶりとなるバルト三国ツアーを成功させ、リトアニア「歌の祭典」にも参加。

主なCD:
「黒い瞳 ~平和とロマンを歌う~」
 *広島平和資料センター・沖縄県立図書館所蔵
 *NHKラジオジャーナル、ラジオ深夜便にて収録曲放送。
「ハンセン病裁判闘争の歌 うばったのは誰」




津田 伸子(つだ のぶこ)

歌手(ソプラノ)・俳優

東京都出身。ベテラン歌手として、「オペレッタ劇団ともしび」の中心的女優もつとめ、5度にわたる韓国公演チームに加わる実績を持つ。新宿「うたごえの店ともしび」でも30年を超えるベテランの司会者・歌い手として、新宿にある店の他、全国の出前うたごえ喫茶で公演。
繊細なうたごえと絶妙のハーモニー感には定評がある。




小松原奈々子(こまつばら ななこ)

ピアニスト

埼玉県出身。昭和音楽大学短大卒。うたごえ喫茶ともしびでの伴奏を始めて22年目のベテランで、丁寧な音づくりに定評がある。ともしび合唱団の専属伴奏者・ともしび器楽合奏講座専属ピアニストを歴任。弊社の各種CD・DVDの収録に参加。「清水正美コンサート ~金子みすゞの心を歌う~」にも参加。




■主催:公益財団法人いたみ文化・スポーツ財団、伊丹市
    うたごえ喫茶ともしび



▲ページトップへ